デジタルブックとは?特徴やPDFとの違いを解説

目覚ましい速さで広がりを見せるデジタルブックには、PDFと違ったいくつもの特徴があります。

ここではデジタルブックについてわかりやすく解説していきます。きっと、デジタルブックの可能性を感じていただけることでしょう。デジタルブックの魅力にもぜひ触れてみてください。そして実際に活用してみてはいかがでしょうか。

デジタルブックとは

デジタルブックとは、スマホやタブレット、パソコンなどのデバイスで、Webページと同じ気軽さで閲覧できるウェアアプリケーションです。

企業がセミナーの資料や、カタログ・パンフレットとして配布していた、紙に印刷していたものに変わる電子フォーマットのひとつです。

デジタルブックはさまざまなデバイスで、実際にカタログのページをめくるような感覚で閲覧できます。テキストを単にデジタル化しただけではなく、写真や文字に加え動画や音声まで盛り込めるといったデジタルならではの特性もあります。

訴求力が高く効率化にも役立つ、新しい形のメディアといえるでしょう。

デジタルブックの特徴

デジタルブックには、既存のメディアには見られなかったさまざまな魅力的な特徴があります。あらためて見ていきましょう。

制作から公開までオンライン上で完結する

紙の資料やカタログの場合、仕上がりを確認するためには印刷して紙の上で見る作業が必要となります。

また見てもらうためには必要部数を印刷し、配布・郵送の工程が必要となります。しかしデジタルブックであれば、一連の流れがすべてオンラインで完結します。

公開もユーザーにダウンロードしてもらうだけなので、業務の手間と時間を大幅に短縮することが可能になります。

最新の情報へ簡単に変更できる

紙の場合は、たとえ小さな変更であっても、変更した新しい資料やカタログを作成し、印刷・配布し直す必要があります。またPDFの場合も新しいバージョンとして配布し直さなければなりません。

デジタルブックは変更したい箇所のみをデータ上で修正すれば、更新内容がそのまま反映されます。情報の修正・更新がしやすく、そのままのURLで新しい情報を得られるので、制作側・読者側の両者にとって手間のない仕様となっています。

アクセス解析が行える

デジタルブックはPDFでは行えなかった、より詳細なアクセス解析が可能となります。
ページごとの閲覧数や離脱率、ユーザーが使用しているデバイスなども解析できます。

滞在時間で人気の記事やページも分析できるため、カタログやパンフレットの改善にも役立てることができます。

デバイスがあればどこでも閲覧できる

デジタルブックはスマホやタブレット、パソコンなどのデバイスさえあれば、いつでもどこでも、好きなときに閲覧可能です。

重い資料やカタログを持ち歩く必要もなく、まさにスマートな情報収集を可能にします。資料などが突発的に必要になった場合でも、URLさえ共有すれば簡単に確認できるのです。

社内・社外問わず簡単に共有できる

デジタルブックは社内、社外問わずに資料などの共有が可能となります。

遠方にあるいくつもの支社や支店に、一瞬で届けることが可能です。端末ひとつあれば、多くの仕事の場面でも利用できるため、大切なツールとなり得るでしょう。

デジタルブックとPDFの違い

デジタルブックとPDFの2つは、似たようなイメージを持つ方も多いことでしょう。
正しく活用するために知っておきたい2つの違いについて解説します。 

資料を閲覧するための環境

スマホでもタブレットでもひとつの端末さえあれば、いつでもどこでも資料を閲覧できるのは、デジタルブックの優れている点のひとつといえるでしょう。

インターネット環境とURLさえあればすぐに閲覧できます。

これに対し、PDFで資料を閲覧するためには、ファイルを開くためにソフトが必要です。
端末によってはあらかじインストールされている場合もありますが「Adobe Reader」というソフトをダウンロードしなければ、閲覧することはできません。

インターネット環境が使えればすぐに閲覧できるデジタルブックとは大きな違いといえるでしょう。

資料の内容を変更する際の手間

デジタルブックは編集のしやすさにおいても優秀です。

資料の内容を変更したい場合は、データ上で修正したい箇所の情報を書き換えるだけで、簡単に編集することができます。変更する必要がでたときには、すぐに修正するだけで資料には修正箇所が反映され、最新の情報に更新されます。

PDFの場合は資料を変更するためには、編集ソフトが必要になります。そのため、ソフトがインストールされているデバイスでないと修正ができません。デジタルブックに比べると、少々手間がかかる印象です。

編集の点においてもデジタルブックは機能的といえるでしょう。

まとめ

今回は、デジタルブックとPDFの違いをご説明しました。

デジタルブックは、作成・提供・閲覧のどの場面でも、手軽で機能的なメディアといえます。まるで紙のカタログを見ているときと同じ感覚で楽しめるデジタルブックを、ぜひ活用してみてください。

一覧に戻る