デジタルブックをテキスト・教材として活用する方法

一般的なテキストや教材は紙でできたものが多いですが、近年は電子書籍の流行や国立国会図書館の資料がデジタル化されるというニュースなどもあり、文書の電子化が進んでいます。

テキストや教材をデジタル化すると、作成する側にも利用する側にもさまざまなメリットがあるのでおすすめです。

今回はそんな、テキストや教材をデジタルブックで作成し活用する方法についてご紹介します。

デジタルブックをテキストとした使用例

デジタルブックをテキストとして使う場合に、どのような例があるでしょうか。

英語・外国語のテキスト

英語をはじめとした外国語を勉強する際には、テキストを使った学習が基本でしょう。

デジタルブックを使えば文字や図を使った通常のテキストに加え、発音の確認のための音声データや会話の動画をテキスト上に埋め込めます。

外国語を習得する近道は、実際の外国語を聞くことです。わかりにくい単語や聞き取れなかった会話などをテキストのなかで繰り返して聞けるので、上達のスピードアップが期待できます。

料理のテキスト

料理のテキストで大事なポイントは、材料や手順がわかりやすく適切であることでしょう。デジタルブックで料理のテキストを作れば、料理の手順を文字だけでなく動画も合わせて確認できます。

火加減や調味料を入れるタイミングなど、文字だけでは伝わりにくい部分も動画を見ればスムーズに理解できるので、美味しい料理を簡単に作れます。

またテキストのレイアウト設定も自由にできるので、でき上がった写真を大きく見開きで使えば「この料理を作ってみたい!」と思ってもらえるテキストになるでしょう。

学習塾のテキスト

学習塾のテキストをデジタルブックで作成すれば、従来の紙のテキストと同様に手書きのメモやラインマーカーが引けるので、生徒も違和感なく受け入れられます。

付箋を貼る機能もあり自由に数種類の色の付箋を使い分けられるので、生徒個人ごとで気になることを残し、あとで一覧することも簡単です。

また次回の講義範囲を指定してURLを伝えるといったこともできるため、スムーズに授業を進められるでしょう。

ビジネス・スキルアップ用テキスト

ビジネスマナーやコミュニケーション、接客対応などのスキルアップにはマニュアルだけでなく、実際に対面でどのような行動が必要なのかが重要です。

デジタルブックでテキストを作成すれば、動画を効果的に配置し実際のスキルアップに直結する内容を伝えることができます。

問題解決、課題解決や部下育成といったビジネス用のテキストでも同様に、動画や図を配置することで効果的なマニュアルが作成可能です。

デジタルブックがテキストにおすすめな理由

デジタルブックをテキストにするとどのようなメリットがあるのでしょうか。

制作~配布の手間をなくせる

紙のテキストだと、制作した後に配布する必要があるので時間も費用もかかってしまいます。

デジタルブックを利用すればテキストの配布はURLを共有するだけなので、誰でも簡単にすぐ閲覧が可能です。メールやSNSなどを利用すればよいので簡単です。

低コストで利用できる

紙のテキストを作るためには紙の印刷代や製本代、さらに配送の費用がかかります。場合によっては印刷物を置いておく場所も必要になるでしょう。

デジタルブックを利用すればそれらの費用をほぼゼロにできるので、大幅なコスト削減が見込めます。

スマホで閲覧が可能

デジタルブックはマルチデバイス対応なので、パソコンやタブレット、スマホでも同じテキストを閲覧可能です。

移動時間や外出時のちょっとした時間にも授業やレッスンの振り返りが簡単にできるので、利用者も気軽に使えるでしょう。

見栄えのよいテキストが制作できる

デジタルブック自体の機能として「フリックでの自然なページめくり」や「ピンチで拡大縮小」があり、紙のテキストのような使い心地とデジタルならではの使いやすさを実現しています。

また「写真の見開き掲載」や「動画の埋め込み」といった機能も使えるので、見栄えのよいテキストが制作できます。

まとめ

テキストや教材として紙の印刷物を使う機会は現在でも未だ多く残っています。

しかし近年ではさらに文書や資料のデジタル化が進んでおり、今まで変化が遅かったビジネスの現場においてもデジタルデータを利用することが増えていくでしょう。

デジタルブックをテキストや教材として利用すれば、紙媒体にはできない動画や音声の貼り付けで魅力的な内容を作ることができます。また、パソコンやスマホなどさまざまなデバイスで閲覧できる利便性も魅力です。その上、印刷や配布・在庫の手間や費用も必要ありません。

このように導入するとさまざまなメリットがあるので、積極的に取り入れるべきでしょう。デジタルブック作成サービス「デジサク」ではさまざまな活用方法や導入事例、サンプルデータを確認できます。

気になった方は、公式ホームページでサンプルデータを確認してみましょう。

一覧に戻る